陣痛はどんな感じなのか

胃が痛くなる

出産間近という今になって、体調不良が続いています。赤ちゃんが大きくなってきて胃が圧迫されているからか、ご飯を食べると気持ち悪くなってしまうのです。それでも十分な栄養を摂取しないのは体に良くないので、少量のご飯を何回にも分けて食べるようにしていました。

小学生の頃からストレス性胃炎を起こしやすく、ランドセルの中にいつも胃薬を持ち歩いていました。中学生になってからは、バリウム検査をするほど悪化し、高校生では胃カメラも飲みました。どうやら胃が弱い家系のようで、父親もおばあちゃんも胃薬を手放せないと話していました。

もともと胃が弱かったので、妊娠中もビクビクしながら生活していたのですが、これまで特にひどい腹痛を感じることなくきました。でも出産への恐怖やストレスからでしょうか。いよいよ赤ちゃんと対面する日が近づいてきた…という今になって、胃の調子がおかしくなってきたのです。

病院で相談したところ、「胃が圧迫されているのもあるけど、ストレスかね。好きなところに行って、好きなものを食べて気分転換してくるといいよ」とやさしい声をかけていただきました。また、これまで服用していた胃薬のガスモチンや吐き気止めのプリンぺランは妊婦さんにはよくないそうなので、他の胃薬を出してもらうことにしました。

まとまった食事を摂れないこともあり、ここ1週間で1kgほど体重が減ってしまいました。赤ちゃんの成長にはそれほど影響しないそうですが、少し心配になってしまいます。しばらくうどんやお粥などのお腹にやさしい食べ物を中心にしていたら、胃の調子は回復してきたような気がします。陣痛に備えて体調管理をしっかりして、万全の状態でその日を迎えたいと思います。

出産は本当に大変

胃の調子が回復してから、ふと風呂場の鏡に映った自分の姿を見ると、お腹がだいぶ下に垂れさがってきたような気がしました。検診でも、「少しずつ赤ちゃんが下に下がってきたね。まだすぐに出産というわけではないけど、そろそろかな」と先生に言われました。 先日テレビを観ていたら、ちょうど陣痛を迎える妊婦さんにクローズアップしている番組を放送しているとことでした。

ナレーションの「赤ちゃんが自分のタイミングで外に出ようとしてくるなんて、神秘的ですよね」というフレーズを耳にして、思わず大きく頷いてしまました。ベッドに横たわりながら、声を押し殺して痛みに耐えている女性の姿を見ていたら、また「私にできるだろうか」と不安になってしまいました。さらに驚いたことに、痛みと闘いながらスクワットを始めたではありませんか…。

話には聞いたことがありますが、陣痛が来ていても子宮口が開かないと、分娩台に向かえないそうです。そこで階段の上り下りやスクワットを進める助産師さんが多いとか。もちろん体力を消耗してフラフラしている状態だったので、夫に支えてもらいながら上下に体を動かすのが精一杯のようでした。

そうしてしばらく陣痛が続き、分娩台に向かってから数十分後。ついに赤ちゃんの産声が聞こえてきました。視聴者はほんのわずかしか観ていませんが、実際に出産を経験した女性や家族の方は、「赤ちゃんに会えてうれしいです」と感動している半面、ヘトヘトでしょうね。

家族にも「だいぶお腹が下がってきたね。もうそろろそろだよ」と言われて毎日ビクビクしながら生活しています。出産には想定していた以上の体力を必要とすることが分かったので、陣痛が来る前までよく食べ、よく寝て、よく運動するように心がけます。

最近体調がよく検診に行くついでにショッピングをするのが楽しみで仕方ありません。母親からは「無理しないでよ。何かあったらすぐ連絡ちょうだいね」と心配されてしまうほど。まだまだ母親になる自覚がないんでしょうか。大きなお腹を気にせず、あちこち歩き回っています。

今回の検診でも、お腹の赤ちゃんが下がってきていますが、子宮口はまだ開いていないと言われました。「今週中は陣痛は来ないかもね。もう少しゆっくり過ごしていられそうですよ」という言葉に、ちょっとホッとしてしまいました。初めての出産ということもあり、常にビクビクしながら生活しているので、「まだ出産は先のこと」と言われただけで安心してしまうものです。

それでも1人でショッピングを楽しめるのは今日で最後かもしれない…と思いながら、お気に入りのお店を一通りチェックして歩きました。どの洋服もスリムなデザインばかりなので、残念ながら今着られるアイテムはありません。でも、授乳服のように前開きのシャツワンピースやトップスは、産後でも使えそうだったので1枚購入しましたよ。これまで好きな洋服を着られずうずうずしているので、退院の日に少しでもオシャレを楽しもうと思います。

この日はちょうど夫の誕生日だったので、デパートの地下に寄ってショートケーキと美味しそうなお惣菜を買って自宅へ戻りました。少し歩きすぎたせいか、夕方からずっとお腹が張っています。こたつに横になっていても、あまり回復してこないので、しばらく仮眠をとって体を休めました。

目が覚めてからはいつも通りの生活に戻りましたが、いつもより赤ちゃんの動きが少なく、静かな気がします。夜中もボコボコとお腹を蹴られることがなく、久しぶりにぐっすり眠ることができましたよ。もしかしたらそろそろかも…とどこかで出産の陣痛を感じながらも、布団の中で丸くなっていました。