妊娠31週の生活が始まる

洗濯や掃除が大変になる

いつも夫を送り出してから、洗濯や掃除など、一通り家事をこなすのですが、お腹が目立ち始めてからお風呂掃除や床掃除が辛くなってきました。もともと体が硬い方なので前屈は苦手でしたが、最近は靴下を履いたり、足の爪を切るのも一苦労…。ちょっとした動きでも、お腹に負担がかかって張ってしまうので、妊娠31週目になっていつもの倍以上の時間がかかってしまうことがあります。

そこで、なるべく腰を曲げずに快適な生活を送る方法を試行錯誤してみることにしました。まず毎日欠かさず行っていたお風呂掃除ですが、通常のスポンジに長い取っ手のついているタイプに変えたところ、ほとんど立った状態でお手入れできることが判明。スポンジ部分を頻繁に交換すれば、清潔な状態をキープできるのが魅力的です。また、床掃除も掃除機はなるべくホースを長い状態で使用して、フローリングはクイックルワイパーで掃除することにしました。

このほか、洗いものや料理は長時間やっていると負担がかかりやすくなるので、なるべく短時間で終わらせること。洗濯物は大量に持ち歩くと重たいので、面倒ですが何回かに分けて干すことにしました。たったこれだけの心掛けで、気になっていたお腹の張りが少なくなり、体調が安定してきたような気がします。

また、どうしても重たいものを運ばなければならないときや、爪切りなどは夫にお願いすることもあります。忙しいときは「自分でやればいいのに…」と嫌な顔をされることがあるので、頼みづらいこともありましたが、「なにかやることある?」「爪切りは大丈夫?」など少しずつ声を掛けてくれるようになってきました。子どもが生まれたら、もっと協力してもらわないといけないことがたくさんあります。今のうちから家事など協力してもらえる状態にしておくとよいかもしれませんね。

妊娠31週目になってから友人たちと遊ぶことが減り、1人でショッピングや映画を楽しむ日々が続きました。それでもやっぱり誰かと話したい…と思ったときに相手をしてくれるのが母親でした。もちろん親子なので気を遣うことがないので、日ごろの愚痴や相談をいつも聞いてもらっています。

きっとこれから赤ちゃんが生まれたら、もっと世話になるだろうな…ということで、子どもが生まれて忙しくなる前に、プチ恩返しをすることにしました。料理を作ったり、食べたりすることが大好きなので、今回はちょっと奮発してホテルのバイキングへ。1人5000円とちょっと値は張りますが、高級食材を時間制限なく食べられるので大満足できますよ。

目の前カットしてもらったローストビーフや、ステーキ、焼き肉…。いつも食べる量をキープしていたお肉にばかり手が伸びてしまいました。北海道出身の母は、やはり美味しい生ものが大好き。お寿司のなかでも、ウニばかり注文していましたよ。また、ケーキも何十種類も用意されているので、目映りしてしまいます。でも、妊婦さんは気をつけて食べなければならない食材がたくさんあるので、安易に「美味しそう」と口に運ぶのは要注意ですよ。特に魚介類には水銀が含まれているものがあるので、食べ過ぎないようにしてくださいね。

良質なたんぱく質や鉄分、ビタミンなど、バランスのよい食事を心がけながら、久しぶりの豪華な食事を楽しんできました。日ごろ我慢している甘いものも、少量だけ食べてしまいました。美味しそうな料理を見ているだけでも、よい気分転換になります。出産後に里帰りする方がほとんどだと思うので、ぜひ出産前に1番お世話になる母親に恩返ししてみてはいかがですか? きっと喜んでもらえるはずですよ。

腰痛になってしまう

人生で初めての腰痛を感じ始めたのは、妊娠31週に入った頃です。まず朝起き上がるときに違和感を感じました。これまでスムーズに体を起こすことができたのですが、起きようという意思はあっても体がついてきません。 すぐにママ友に相談したら、「体を横にしてから体勢を整えないとダメ!あとは何かにつかまって起き上がるのが楽だよ」と言われました。そこでアドバイスしてもらった通り、体を横にしてから起き上がるようにしました。

また、先日購入した抱き枕をうまく腰のあたりに移動して、体重移動するようにすると楽に動けることが分かったのです。でも残念なことにベッドルームに手すりになるようなものがなかったので、まだ起き上がるのに一苦労…。そこでベビーベッドを早めに組み立てて手すりとして使用することにしました。これが意外と役に立ちましたよ。ベッドの高さにもよりますが、ベビーベッドはぴったりの手すりになるので、妊娠31週目の方におすすめです。

腰痛の原因は、お腹が大きくなることによって重心の位置が変わり、体に負担がかかることのほかに、妊娠に伴いホルモンバランスが崩れてしまうことだといわれています。特に冬場に妊娠後期を迎える場合、寒さで血行が悪くなり、腰痛を引き起こしやすいそうです。横になって体を休めているのもよいですが、やっぱり家事をしながら体を動かしたり、ショッピングや散歩をしながら血流を良くするのが効果的です。

実際に「今日は動きすぎて疲れたな…」という日の方が、腰の調子が良い気がします。ぐっすり眠れるのメリットもありますしね。 「外出中に何かあったら困る」「病気をもらったら困る」と家に籠っているのではなく、雪が降って足場が悪い日を除いて、できるだけ外にでるようにしたいと思います。